コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織田信重 おだ のぶしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

織田信重 おだ-のぶしげ

?-? 織豊-江戸時代前期の大名。
伊勢(いせ)(三重県)安濃津(あのつ)城主織田信包(のぶかね)の長男。豊臣秀吉につかえ,天正(てんしょう)12年(1584)伊勢林城をあたえられ,小牧・長久手(ながくて)の戦い,九州攻めなどに従軍。関ケ原の戦い後,旧領を安堵され林藩主となる。1万石。慶長20年父の遺言で領地を継承した弟信則を徳川家康にうったえ,逆に不届きとされ除封,林藩は廃藩となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android