コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安濃津 アノツ

5件 の用語解説(安濃津の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あのつ【安濃津】

三重県津市、または津港の古称。博多津(はかたのつ)坊津(ぼうのつ)とともに三津(さんしん)の一。あののつ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

安濃津【あのつ】

伊勢(いせ)国の地名。安乃津とも書く。現在の三重県津市にあたり,本来は安濃郡の津(港)の意。《中右記》嘉保3年(1096年)12月9日条の裏書に後聞として〈安乃津〉の民戸が地震による大津波で破壊されたことが記されており,平安末期にはすでにかなりの民戸をもつ港であったらしい。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あのつ【安濃津】

伊勢国の地名。現在の三重県津市。元来は安濃郡の津の意。《中右記》嘉保3年(1096)12月9日条裏書に〈後聞,伊勢国安乃津民戸地震之間,為大波浪多以被損云々〉とあり,平安末期にすでに相当数の民戸を有する港であったことが知られる。遅くとも12世紀末葉には伊勢神宮領として安濃津御厨刀禰が設置されていた。元徳期(1329‐31)の〈安東郡専当沙汰文〉には安濃津市の名も見え,後世の記述ではあるが,明の茅元儀の《武備志》日本考では薩摩坊津,筑前花旭塔(はかた)津とともに日本三津の一つとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あのつ【安濃津】

三重県津市の古名。対明貿易で栄えた。博多津はかたのつ・坊津ぼうのつとともに三津さんしんの一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安濃津
あのつ

伊勢(いせ)の津(つ)(三重県津市)または津港の古称。明人(みんじん)が薩摩(さつま)の坊津(ぼうのつ)、筑前(ちくぜん)の博多(はかた)津とともに日本三津(さんしん)の一つにあげたほどの有名な港。古来、ここは伊勢神宮への供米を送る積出し港であり、北からの神宮への供祭物輸送船の寄港地。平安時代、平維衡(これひら)が伊勢守(かみ)となり、その子貞衡(さだひら)がここに土着し、平氏一族は桑名(くわな)、白子(しろこ)の要港とともに根拠地とし勢力を広げた。鎌倉時代も商港として繁栄。室町時代、将軍足利義持(あしかがよしもち)・義教(よしのり)が参宮の途次宿泊したとき、すでに4000~5000軒の町並みがあったという。1498年(明応7)大地震があり、ここは陥没し、港としての生命を失う。1522年(大永2)参宮の帰途ここを通った連歌師宗長(そうちょう)はその衰退ぶりを『宗長手記』に述べている。[原田好雄]
『梅原三千・西田重嗣著『津市史』全5巻(1959~1969・津市) ▽原田敏丸・杉本嘉八他著『郷土史大系7』(1969・宝文館出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の安濃津の言及

【伊勢商人】より

…中世の伊勢には東国に多数分布する伊勢大神宮領から送進される年貢物の集散や陸揚げを行う大湊など港津が発達し,また畿内と東国を結節する地理的条件に恵まれたため桑名のような自治都市の成立もみられ,多くの廻船業者,問屋が輩出した。安濃津(あのつ)(現,津市)も大神宮領からの年貢物の取扱い,さらには海外貿易港として発展し,山田の三日市・八日市には多数の市座商人や土倉がたむろし,活躍していた。これら商人の中には大湊の角屋氏のように海外貿易に進出するもの,後北条氏の城下町小田原に進出して住みつくもの,さらには遠く会津若松など東国に行商を行うものも現れた。…

【伊勢国】より

…維衡ののち一族は伊勢全土から伊賀,尾張,三河にまで繁衍(はんえん)する。この中には伊勢,安濃津(あのつ),桑名,富津(とつ)あるいは柘植(つげ)といった伊勢・伊賀の地名を冠して呼ばれる者もあった。維衡の曾孫正盛,その子忠盛の代に至り白河・鳥羽両院政の下で中央政界に頭角を現した平氏は軍事権門へと成り上がる。…

【津[市]】より

…【成田 孝三】
[津城下]
 伊勢国安濃郡の城下町。古くは安濃津(あのつ)と呼ばれ,博多津,坊津(ぼうのつ)と並ぶ三津の一つであったが,15世紀末の地震によって港湾としての機能は弱まり,一海浜農村になった。近世には単に津と呼ばれることが多かった。…

※「安濃津」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

安濃津の関連キーワード志摩美杉三重大学阿漕ヶ浦朝熊伊勢白粉間の山とらまる松菱三重県総合文化センター 三重県文化会館

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安濃津の関連情報