コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繹史 えきしYi-shi; I-shih

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

繹史
えきし
Yi-shi; I-shih

中国の史書。 160巻。清の馬しゅくの撰。太古から秦末までの歴史を記す。紀事本末体で叙述され,史料を広く集め原文をそのまま集録し,ときに疎漏もあるが,古代史の参考書として利用価値は高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えきし【繹史】

中国の史書。の歴史学者馬驌(ばしゅく)撰。全160巻。上代から末期までの歴史資料を収集整理し、紀事本末体に配列したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えきし【繹史】

中国、清しんの史学者馬驌ばしゆくの編した史料集。一六〇巻。上代から秦しん末までの古書を渉猟、抽出した史料を類別編次し、その異同訛誤かごを正し論断を加えたもの。清朝の経史考訂の学に大きな影響を残した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

繹史の関連キーワード重野安繹那珂通世渉猟類別論断清朝