コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

缶石(読み)かんせき(英語表記)scale

翻訳|scale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

缶石
かんせき
scale

スケールともいう。ボイラなどの内側にできる湯あか。ボイラや熱交換器などで,給水中に含まれている不揮発性溶解質および不溶解性物質の濃度が水の蒸発によって増加し,これらが析出して伝熱面上に付着または沈殿する。その成分は主としてカルシウムおよびマグネシウムの硫酸塩,炭酸塩,ケイ酸塩および水酸化塩である。ボイラ内の対流の障害になるほか,熱伝導率が小さいので伝熱量が減るばかりでなく,伝熱面の過熱破損の原因となる。特に高温高圧ボイラで影響が大きい。したがって給水の前処理や装置の掃除などが必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐せき〔クワン‐〕【缶石】

ボイラーの内壁に水に含まれていた鉱物質が固着して残ったもの。缶滓(かんし)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android