コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウ

大辞林 第三版の解説

ラウ【羅宇】

〔ラオス産の竹を用いたことから〕
キセルの雁首がんくびと吸い口とをつなぐ竹の管。ラオ。

ラオ【羅宇】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のラウの言及

【きせる(煙管)】より

…日本では〈喜世留〉もしくは〈希施婁〉という漢字をあてていたが,現在は一般に〈煙管〉の字があてられる。通常,タバコをつめる口(火皿)のついた雁首(がんくび)すなわち火皿の湾曲している部分と,羅宇(らう)すなわち雁首と吸口との中間の管と,吸口との3部分から成る。こうした構成をしめすドライ・スモーキング(乾式喫煙)のための簡便な喫煙具である〈きせる〉の主要分布は日本,中国,朝鮮にわたっている。…

※「ラウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ラウの関連キーワードきせる(煙管)紫檀楼古木継ぎギセル紫檀楼古喜脂下がるラウ屋きせるさんか羅宇屋物売三都煙管

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラウの関連情報