羅宇(読み)ラウ

  • ラオ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (地名ラオスから)⸨ラオ⸩ キセルの火皿と吸い口をつなぐ竹の管。また、それに使う竹。ラオス産の斑紋のある竹を用いたところからいう。
※多識編(1631)三「無節竹 今俗云良宇」
※坑夫(1908)〈夏目漱石〉「羅宇(ラオ)の中に籠った煙が、一度に雁首から出た」
〘名〙 ⇒ラウ(羅宇)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の羅宇の言及

【きせる(煙管)】より

…日本では〈喜世留〉もしくは〈希施婁〉という漢字をあてていたが,現在は一般に〈煙管〉の字があてられる。通常,タバコをつめる口(火皿)のついた雁首(がんくび)すなわち火皿の湾曲している部分と,羅宇(らう)すなわち雁首と吸口との中間の管と,吸口との3部分から成る。こうした構成をしめすドライ・スモーキング(乾式喫煙)のための簡便な喫煙具である〈きせる〉の主要分布は日本,中国,朝鮮にわたっている。…

※「羅宇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android