ラウ

大辞林 第三版の解説

ラウ【羅宇】

〔ラオス産の竹を用いたことから〕
キセルの雁首がんくびと吸い口とをつなぐ竹の管。ラオ。

ラオ【羅宇】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ラウ【羅宇】

〘名〙 (地名ラオスから)⸨ラオ⸩ キセルの火皿と吸い口をつなぐ竹の管。また、それに使う竹。ラオス産の斑紋のある竹を用いたところからいう。
※多識編(1631)三「無節竹 今俗云良宇」
※坑夫(1908)〈夏目漱石〉「羅宇(ラオ)の中に籠った煙が、一度に雁首から出た」

ラオ【羅宇】

〘名〙 ⇒ラウ(羅宇)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のラウの言及

【きせる(煙管)】より

…日本では〈喜世留〉もしくは〈希施婁〉という漢字をあてていたが,現在は一般に〈煙管〉の字があてられる。通常,タバコをつめる口(火皿)のついた雁首(がんくび)すなわち火皿の湾曲している部分と,羅宇(らう)すなわち雁首と吸口との中間の管と,吸口との3部分から成る。こうした構成をしめすドライ・スモーキング(乾式喫煙)のための簡便な喫煙具である〈きせる〉の主要分布は日本,中国,朝鮮にわたっている。…

※「ラウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラウの関連情報