雁首(読み)カリクビ

デジタル大辞泉の解説

かり‐くび【×雁首】

雁の首。それに似た形のもの。特に、陰茎の先端部。亀頭(きとう)。
「―に数珠(じゅず)を懸けさせ」〈浮・一代男・八〉

がん‐くび【×雁首】

《形がの首に似ているところから》
キセルの頭部。先端にタバコを詰める火皿がある。
縦樋(たてどい)の落ち口などに用いる先の曲がった土管。
人間の首や頭をいう俗語。「雁首をそろえる」「雁首を並べる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かりくび【雁首】

雁の首に形が似たもの。特に、陰茎の先。亀頭きとう。 「 -に珠数じゆずをかけさせ/浮世草子・一代男 8

がんくび【雁首】

〔雁の首に似ていたことから〕 キセルの頭。 「大きな木の-を指で抑へて/三四郎 漱石
キセルの頭のように先の曲がった土管。
人間の首や頭を乱暴にいう語。 「 -並べて待っていろ」
[句項目] 雁首を揃える

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かり‐くび【雁首】

〘名〙 (雁の首の意から) 形が雁の首に似るもの。また、特に陰茎の頭。亀頭。雁(かり)
浮世草子好色一代男(1682)八「末定めなき作蔵なれば、かり首(クビ)に珠数を懸けさせ」

がん‐くび【雁首】

〘名〙
① (もとのものは、長くうねって雁(がん)の首に似ているところから) キセルの、タバコをつめる部分。
※俳諧・犬子集(1633)四「棹になりてわたるがんくびはきせる哉〈貞徳〉」
② 竪樋(たてどい)の落とし口などに用いる、キセルの頭の形をした土管。雁首管。
③ 俗に、人の首、頭をいう。
滑稽本・古朽木(1780)一「煙管(キセルや)の亭主に無心いへば、鴈首(ガンクビ)をふって脂(やに)っこい挨拶」
④ =がんくびぜに(雁首銭)〔俚言集覧(1797頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の雁首の言及

【きせる(煙管)】より

…日本では〈喜世留〉もしくは〈希施婁〉という漢字をあてていたが,現在は一般に〈煙管〉の字があてられる。通常,タバコをつめる口(火皿)のついた雁首(がんくび)すなわち火皿の湾曲している部分と,羅宇(らう)すなわち雁首と吸口との中間の管と,吸口との3部分から成る。こうした構成をしめすドライ・スモーキング(乾式喫煙)のための簡便な喫煙具である〈きせる〉の主要分布は日本,中国,朝鮮にわたっている。…

※「雁首」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android