羅睺(読み)らご

精選版 日本国語大辞典「羅睺」の解説

らご【羅睺】

[一] (Rāhu の音訳。「らごう」とも) 日月をおおって蝕(しょく)を起こすといわれる悪魔の名。羅睺阿修羅王
壒嚢鈔(1445‐46)九「如内典説、修羅喜見城を責に、帝釈六陣張て、戦給に、五陣破る時、三光天子宮を、羅睺(ラゴウ)爴共云」 〔大日経疏‐四〕
[二] 「らごら(羅睺羅)(一)」の

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の羅睺の言及

【九曜】より

…日(太陽)と月(太陰)に,火(熒惑(けいわく)),水(辰星),木(歳星),金(太白),土(塡星・鎮星)の五惑星を合わせた七曜(耀とも書く)に,インド天文学における白道と黄道の交点にあたる昇交点の羅(らごう)Rahuと降交点の計都(けいと)Ketuの二つを合わせたものをいう(計都の方は月の近地点だとする解釈もある)。《書経》舜典などに見えるように,七曜はまた七政ともよばれ,両方の呼称が並び用いられたが,唐代の密教の経典《宿曜経》などには七曜が使用されている。…

※「羅睺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android