美努浄麻呂(読み)みのの きよまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

美努浄麻呂 みのの-きよまろ

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
慶雲(きょううん)2年(705)従五位下となる。3年遣新羅(しらぎ)大使として新羅(朝鮮)にわたり,新羅王より勅書をあたえられ,4年学問僧らとともに帰国。和銅元年(708)遠江守(とおとうみのかみ)に任命される。大学博士もつとめ,「懐風藻」に漢詩1首がのせられている。氏は美弩とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android