コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美岱召 びたいしょう

世界の観光地名がわかる事典の解説

びたいしょう【美岱召】

中国の内モンゴル(蒙古)自治区の包頭パオトウ)東方70kmにあり、別名を「三娘子廟(さんじょうしびょう)」という、大青山の南麓に立つ寺院。明の隆慶年間に順義の王だったアルダン・ハンが築城し、1606年にチベットの高僧が本格的にチベット仏教を伝えた後、寺院として整備された。長さ681mの壁で囲まれた四隅には楼閣が建ち、境内の天王殿や大雄宝殿、琉璃殿などは漢とチベットが混合した独特な建築様式で、城塞と邸宅を折衷した珍しい構造になっている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android