コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美岱召 びたいしょう

1件 の用語解説(美岱召の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

びたいしょう【美岱召】

中国の内モンゴル(蒙古)自治区の包頭(パオトウ)東方70kmにあり、別名を「三娘子廟(さんじょうしびょう)」という、大青山の南麓に立つ寺院。明の隆慶年間に順義の王だったアルダン・ハンが築城し、1606年にチベットの高僧が本格的にチベット仏教を伝えた後、寺院として整備された。長さ681mの壁で囲まれた四隅には楼閣が建ち、境内の天王殿や大雄宝殿、琉璃殿などは漢とチベットが混合した独特な建築様式で、城塞と邸宅を折衷した珍しい構造になっている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

美岱召の関連キーワード内蒙古自治区帰綏モンゴルモンゴル音楽モンゴル語内モンゴル自治区包頭蒙古モンゴリアモンゴル族

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone