コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美的実存 びてきじつぞんästhetische Existenz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美的実存
びてきじつぞん
ästhetische Existenz

キルケゴールの用語。倫理的実存宗教的実存とともに人生の三段階の一つ。人間は美的実存において,有限なもの,時間的なもの,すなわちこの世的なものに人生の価値を認め,あたかも無数に恋人を替えつつ快楽を追うドン・フアンの生活のように,無数の可能性とたわむれ,その享楽に生きようとするが,やがて人生のむなしさを覚えて挫折し,倫理的実存の段階に向うとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

美的実存の関連キーワードキルケゴールラ・クール

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美的実存の関連情報