コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗教的実存 しゅうきょうてきじつぞんreligiöse Existenz

1件 の用語解説(宗教的実存の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗教的実存
しゅうきょうてきじつぞん
religiöse Existenz

キルケゴールの用語 。悔恨とともに倫理的実存に挫折した人間は,無限者を前にして有限的自己にフモールを覚えるにいたって宗教的実存に飛躍する。これは時間的なものと永遠なものとの総合が実現される段階であって,人は地上的な欲望にわずらわされることなく,完全に神の御手の道具となる。真のキリスト者としての生き方がまさにこれであるとされる。 (→美的実存 , 倫理的実存 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宗教的実存の関連情報