コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美的直観 びてきちょっかんästhetische Anschauung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美的直観
びてきちょっかん
ästhetische Anschauung

直観のさまざまな意味に応じ美的直観の意味も異なるが,基本的には感覚的にしろ知的にしろ美を直接に認識する作用をいう。その知的側面を強調し美的感情と対立させる学説もあるが,一般には本来直接体験である美的経験の本質的契機をさすものとして用いられる。芸術を想像による直観的認識活動とする B.クローチェの美学や,美的直観を意識と無意識,主観と客観の統一として認識の最高形式とする F.シェリングの美学などは直観主義的美学として有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

美的直観の関連キーワード先験的観念論文学的自伝観念論

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android