美色(読み)ビショク

大辞林 第三版の解説

びしょく【美色】

美しい色。
美しい容貌。また、その女性。美人。 「汝の-却て汝を害せんとす/花柳春話 純一郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

び‐しょく【美色】

〘名〙
① 美しい色。きれいな色彩。〔書言字考節用集(1717)〕 〔銭起‐藍田渓雑詠、石蓮花詩〕
② 美しい顔立ち。また、その女性。美人。
※古活字本毛詩抄(17C前)四「古の君子は角徳を好て色を好まぬが、今の人は有徳をば好いて美色を好むと刺たぞ」 〔晉書‐阮籍伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android