美談(読み)びだん

精選版 日本国語大辞典「美談」の解説

び‐だん【美談】

〘名〙
① ほめるべきりっぱな話。現代では特に、道徳的に模範とすべき行為の話。
※和漢朗詠(1018頃)下「季文子が妾帛を衣ず 魯人もって美談とす〔後漢書〕」
※文学の根本問題(1958‐59)〈中島健蔵〉五「岸田国士がその美談を読んで」 〔後漢書‐謝弼伝〕
② (━する) 賛美すること。ほめそやすこと。
※山王絵詞(1310頃)一〇「さる程に、聞及大名等、我も我もと捧録を跪し美談す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「美談」の解説

び‐だん【美談】

美しい話。聞いて感心するようなりっぱな行いの話。「美談ぬし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「美談」の解説

【美談】びだん

ほむべき話。〔後漢書、謝弼伝〕(封事)孝和皇、竇后(とうこう)のやさず(合葬す)。世、以て美談と爲せり。

字通「美」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android