コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美顔術 ビガンジュツ

デジタル大辞泉の解説

びがん‐じゅつ【美顔術】

顔の皮膚に刺激や栄養を与えて生理機能を高め、肌をなめらかにする美容法。フェイシャルトリートメント。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びがんじゅつ【美顔術】

顔の皮膚に適度の刺激を与えて生理機能を整え、健康で美しい皮膚を保たせる美容術。マッサージ・パックなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の美顔術の言及

【美容】より

…江戸時代には化粧(けわい)の同義語に使われていたが,用語としては〈けわい〉のほうが多く使われていた。明治末に川上貞奴など洋行帰りの女性たちが,洋髪,洋服,洋式の化粧・化粧品・美顔術などを紹介し,これらを包括する用語として,美容が〈けわい〉に代わって使われるようになった。さらに1922年に資生堂がはじめて美髪科,特装科とともに美容科を設けて一般化した。…

※「美顔術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

美顔術の関連キーワード遠藤 波津子(1代目)フェーシャルマッサージ遠藤波津子(初代)エステティック川上 喜久子山野 千枝子小口 みち子アートメイクフェーシャル遠藤波津子かんちひろ小口みち子川上喜久子パック美容術美容師化粧理容

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android