本紙(読み)ほんし

精選版 日本国語大辞典「本紙」の解説

ほん‐し【本紙】

〘名〙
本体となる。特に書状で文言を書いた紙のことを、礼紙(らいし)に対していう。
※評判記・色道大鏡(1678)九「糊をもつけず、上紙をもむすばず、かきたる文の本紙(ホンシ)を其まま隅より折て」
② 巻物、掛物などで、本来、画や書がかかれていた紙、または絹。
付録などに対して、新聞などの本体となる紙面
※春潮(1903)〈田山花袋〉六「読売新聞の本紙と日曜附録」
④ 新聞記事などで、その新聞をさしていう。この新聞。
※東京日日新聞‐明治二五年(1892)一月二一日「我社が〈略〉無料に配布せるは本紙拡張の為にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「本紙」の解説

ほん‐し【本紙】

号外・付録などに対して、新聞の本体となる紙面。
この新聞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android