コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美馬君田 みま くんでん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

美馬君田 みま-くんでん

1812-1874 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文化9年生まれ。もと僧。諸国をまわり,のち讃岐(さぬき)(香川県)琴平(ことひら)で日柳燕石(くさなぎ-えんせき)らと尊攘をとなえた。慶応元年(1865)高杉晋作をかくまった罪で高松藩に捕らえられ,燕石とともに入獄。維新後は琴平で塾をひらいた。明治7年7月27日死去。63歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。名は諧。通称は援造。別号に桜水,土仏

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

美馬君田の関連キーワード美馬桜水植田有年運動家

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android