コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義俊 ぎしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

義俊 ぎしゅん

1504-1567 戦国時代の僧,連歌師。
永正(えいしょう)元年生まれ。近衛尚通(ひさみち)の子。真言宗。36歳で大僧正,のち大覚寺門跡,准后(じゅごう)となる。天文(てんぶん)24年三条西公条(きんえだ)が主催した「源氏物語講釈竟宴千句連歌」や翌年の「大覚寺和漢千句」に出席。永禄(えいろく)10年1月12日死去。64歳。号は禅意,称念寺。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

義俊の関連キーワード慈恩寺(山形県)黒田長堅渋川栄承一色義定木村金秋渋川満頼鳥居忠政最上義光朝倉義景河村秀根新田義重渋川義鏡本多正純渋川義俊荻生青山少弐満貞最上義俊萱生由章多田南嶺最上義智

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

義俊の関連情報