コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

称念寺

1件 の用語解説(称念寺の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

称念寺

室町時代の一向宗の道場が起源とされる。境内地に形成された「寺内町」として発達した。本堂は慶長年間(1596~1615年)の建立。寛永13(1636)年に西本願寺の別坊「今井御坊(ごぼう)」となり、本堂も大きく改修された。その後、本堂は文政3(1820)年に「大破」し、大規模な修繕工事が実施された。

(2014-06-13 朝日新聞 朝刊 奈良全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

称念寺の関連キーワード牡丹餅一向宗固まり法華に徒党門徒吉田流加賀の一向一揆岩津ねぎ木原早生都農神社三ツ山大祭意雲

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

称念寺の関連情報