義甲(読み)ぎこう

日本大百科全書(ニッポニカ)「義甲」の解説

義甲
ぎこう

撥弦(はつげん)楽器で弦をはじくのに使う道具。材質(角(つの)、亀甲(きっこう)、竹、木、象牙(ぞうげ)、金属、プラスチックなど)も使用法もさまざまであるが、一般に、音量を大きくしたり歯切れよくしたりするために、生身の(つめ)ないしの機能を強化したものであると考えられる。邦楽器の用語としては、手に持って弾く比較的大形のものを撥(ばち)、指にはめたりつまんだりする小形のものを爪(つめ)(義爪(ぎそう)、仮爪)という。西洋ではプレクトラムplektrumというが、概して小形のものが多く、ピックpickとよばれることが多い。広義の義甲の例としては、手に持つもの(三味線、琵琶(びわ))、指にはめるもの(箏(こと)、沖縄の三線(さんしん)、インドのシタール)、指先に結び付けるもの(中国の三弦(サンシエン))、指につまむもの(和琴(わごん)、月琴(げっきん)、エレキギターマンドリン)などがあげられる。

[川口明子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「義甲」の解説

ぎ‐こう〔‐カフ〕【義甲】

弦楽器を演奏するときに、指先にはめたり指で持ったりして用いるつめ状の道具。箏爪ことづめ・ピックの。つめ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「義甲」の解説

ぎ‐こう ‥カフ【義甲】

〘名〙 をひくときなどに用いる爪状のもの。ことづめ。〔劉言史‐楽府雑詞〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android