コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義甲 ギコウ

4件 の用語解説(義甲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぎ‐こう〔‐カフ〕【義甲】

弦楽器を演奏するときに、指先にはめたり指で持ったりして用いる爪(つめ)状の道具。箏爪(ことづめ)・ピックの類。つめ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぎこう【義甲】

こと・三線さんしん・マンドリンなどの撥弦はつげん楽器の演奏の際に、指先にはめ、または指先に持って、弦を弾ずるための爪形の小さな道具。琴爪・ピック・プレクトラムなど。つめ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

義甲
ぎこう

」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

義甲
ぎこう

撥弦(はつげん)楽器で弦をはじくのに使う道具。材質(角(つの)、亀甲(きっこう)、竹、木、象牙(ぞうげ)、金属、プラスチックなど)も使用法もさまざまであるが、一般に、音量を大きくしたり歯切れよくしたりするために、生身の爪(つめ)ないし指の機能を強化したものであると考えられる。邦楽器の用語としては、手に持って弾く比較的大形のものを撥(ばち)、指にはめたりつまんだりする小形のものを爪(つめ)(義爪(ぎそう)、仮爪)という。西洋ではプレクトラムplektrumというが、概して小形のものが多く、ピックpickとよばれることが多い。広義の義甲の例としては、手に持つもの(三味線、琵琶(びわ))、指にはめるもの(箏(こと)、沖縄の三線(さんしん)、インドのシタール)、指先に結び付けるもの(中国の三弦(サンシエン))、指につまむもの(和琴(わごん)、月琴(げっきん)、エレキギター、マンドリン)などがあげられる。[川口明子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

義甲の関連キーワード琴・箏・筝琴師箏・筝琴∥箏

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

義甲の関連情報