コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義県万仏堂石窟 ぎけんばんぶつどうせっくつYi-xian-wan-fo-tang shi-ku

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

義県万仏堂石窟
ぎけんばんぶつどうせっくつ
Yi-xian-wan-fo-tang shi-ku

中国,遼寧省義県の北西,大凌河の北岸にある石窟寺院北魏の太和~景明年間 (477~503) に造営された。東西2区に分れ,各6窟ずつがある。大小無数の石仏があるので万仏堂と称する。凝灰岩質の石窟であるため仏像は風化が著しいが,北魏仏の様式を明確に残す仏像もある。また東区石窟には景明3 (502) 年に営州刺史元景が帝のために造立した旨を記す碑文が遺存し,雲崗竜門石窟と近い時代の造営であることが知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android