義翁紹仁(読み)ぎおう しょうにん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

義翁紹仁 ぎおう-しょうにん

1217-1281 南宋(なんそう)(中国)の僧。
嘉定10年生まれ。臨済(りんざい)宗。西蜀涪江(四川省)の人。寛元4年蘭渓道隆(らんけい-どうりゅう)にしたがって来日し,その法をつぐ。京都建仁(けんにん)寺,鎌倉建長寺の住持となり,道隆の禅風をひろめた。弘安(こうあん)4年6月2日死去。65歳。諡号(しごう)は普覚禅師

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android