コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義邑 ぎゆう yì yì

1件 の用語解説(義邑の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぎゆう【義邑 yì yì】

中国,南北朝より隋・唐・五代に在家仏教信者が組織した信仰団体。時期により邑会,法社,社邑などとも呼称される。構成員が協同で功徳を積み行う具体的行為として造像,造寺,修寺などの事業を行った。唐代中頃からはもっぱら社邑という名称が一般的となり,その事業内容も小規模な造像,造経幢,斎会,誦経,写経,俗講支援といった比較的経済負担の軽微なものへと変化していった。その組織は社僧以下,社長・社老・録事・虞候といった幹部と,社子・社人・社戸と呼ばれる一般構成員より成り,特定寺院に専属することが多かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

義邑の関連キーワード優婆夷居士居士仏教五代史在家涅槃宗仏教美術彭紹升胡楽在家役

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone