義邑(読み)ぎゆう(英語表記)yì yì

世界大百科事典 第2版の解説

ぎゆう【義邑 yì yì】

中国,南北朝より・五代に在家仏教信者が組織した信仰団体。時期により邑会,法社,社邑などとも呼称される。構成員が協同功徳を積み行う具体的行為として造像造寺,修寺などの事業を行った。唐代中頃からはもっぱら社邑という名称が一般的となり,その事業内容も小規模な造像,造経幢,斎会,誦経写経,俗講支援といった比較的経済負担の軽微なものへと変化していった。その組織は社僧以下,社長・社老・録事・虞候といった幹部と,社子・社人・社戸と呼ばれる一般構成員より成り,特定寺院に専属することが多かった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android