コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽ノ浦[町] はのうら

百科事典マイペディアの解説

羽ノ浦[町]【はのうら】

徳島県東部,那賀郡の旧町。那賀川北岸小松島市阿南市の間に位置し,土佐街道に沿う主集落に牟岐(むぎ)線が通じる。古くから商業の町として発達。南部の古庄は木材集散と木工業が盛んである。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はのうら【羽ノ浦[町]】

徳島県東部,那賀郡の町。人口1万1780(1995)。那賀川下流北岸にあり,北は小松島市,南は阿南市に接する。市街地東方の宮倉は古代の屯倉(みやけ)に由来し,《日本書紀》に〈阿波国春日部屯倉〉の名が見える。近くに寺田山古墳や横穴式石室をもつ観音山古墳をはじめ古墳が分布する。町を縦断する土佐街道に沿って古くから商店街が形成され,地方商業の中心地として繁栄した。地味肥沃な穀倉地帯として知られるが,近年イチゴ,キュウリなどのハウス栽培が盛んとなり,都市近郊型農業に転換している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android