コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松島市 こまつしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小松島〔市〕
こまつしま

徳島県東部,紀伊水道に面する市。1951年立江町を編入して市制。1956年坂野町を編入。もと篠原郷といい,京都小松郷にあった仁和寺の荘園であったため,地名を小松島とした。小松島湾岸は良港を抱え,源義経の屋島攻めの上陸地として有名。南岸が古い商業地。藩政時代には大坂,江戸とのアイ (藍) の取り引きが盛んであった。1923年紡績工場ができ,工業都市として発展。1964年の新産業都市の指定以来,工業都市化が著しく,化繊,食用油,製紙,花火などの工場がある。沿岸漁業も広く行なわれており,干しエビ,ちくわ,かまぼこなどの水産加工も盛ん。周辺では,たけのこ,ヤマモモを特産。市域には四国八十八ヵ所の第18番札所恩山寺や,国指定重要文化財の絹本著色釈迦三尊像のある第19番札所立江寺がある。阿波の狸合戦で知られる金長神社,雄大な展望で知られる日峯山 (192m) などがある。日峯神社は阿波三峰の一つ。坂野に海上自衛隊小松島航空隊基地がある。JR牟岐線,国道11号線,55号線が通る。面積 45.37km2。人口 3万8755(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こまつしま‐し【小松島市】

小松島

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

小松島市の関連キーワード社会福祉法電気事業ラジオ放送日本航空モロイコルタサルシプトンフライ液体不混和エピユー地向斜

小松島市の関連情報