コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿南[市] あなん

百科事典マイペディアの解説

阿南[市]【あなん】

徳島県東部の市。1958年市制。紀伊水道に臨み,那賀川下流域,桑野川流域は低地,西部は山地。中心市街は近世富岡城の城下町として発達牟岐(むぎ)線が通じる県南の中心地。漁港の橘町,桑野川の渓口集落桑野町,新野(あらたの)町にも市街が発達。ミカン,たけのこ,キュウリを特産。新産業都市に含まれた橘湾を中心に工業団地が造成され,操業が始まっている。海岸や熱帯性植物群落(天然記念物)がある弁天島は室戸阿南海岸国定公園に属する。2006年3月那賀郡羽ノ浦町,那賀川町を編入。279.25km2。7万6063人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あなん【阿南[市]】

徳島県東部,紀伊水道に面する市。1958年富岡町と南の橘町が合体,市制。人口5万7666(1995)。面積は県下最大の251.8km2。阿南地方(旧阿波国南部,剣山地以南をさす)の中心地。中心の富岡は,那賀川河口に立地し,天正年間(1573‐92)からの牛岐(うしき)城の城下町で,阿波九城の一つとして南への要地をなした。また,那賀川を流下するいかだの集積地であり,交通路の要点でもあった。南の橘湾に面する橘地区は沈降海岸の景勝地で,阿波松島と呼ばれ天然の良港をなし,古くは阿波水軍の根拠地であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

阿南[市]の関連キーワード交通路要地

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android