コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那賀川[町] なかがわ

百科事典マイペディアの解説

那賀川[町]【なかがわ】

徳島県東部,那賀郡の旧町。那賀川河口北岸の三角州を占め,米作施設園芸を行う。牟岐(むぎ)線が通じる。主集落の中島は木材集散地で,製材・木工業が行われる。ノリ・ワカメの養殖も盛ん。2006年3月那賀郡羽ノ浦町と阿南市へ編入。18.65km2。1万1056人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかがわ【那賀川[町]】

徳島県東部,那賀郡の町。人口1万0033(1995)。那賀川河口北岸に位置し,JR牟岐(むぎ)線が通じる。那賀川河口部は三角州をなし,良質米を産する穀倉地帯となっている。海岸線は単調な砂浜海岸で,出島地区には砂丘が発達する。那賀川に沿った中島地区は古くから最上流の木頭(きとう)林業地帯(木頭)より運ばれてくる木材の集散地として繁栄し,現在も製材,建具などの木材関連企業が立地する。農業は米作中心であるが,近年は水田を利用したウナギ養殖のほか,キュウリ,イチゴなどのハウス栽培も盛んである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android