羽仁 説子(読み)ハニ セツコ

20世紀日本人名事典の解説

羽仁 説子
ハニ セツコ

昭和期の評論家,社会運動家 日本子どもを守る会会長;全国幼年教育協議会会長;婦人之友社取締役;自由学園評議員;自由人権協会理事。



生年
明治36(1903)年4月2日

没年
昭和62(1987)年7月10日

出生地
東京

学歴〔年〕
自由学園高等部〔大正13年〕卒

経歴
父・吉一は自由学園創設者、母・もと子は「婦人之友」を主宰。自由学園に学び、「婦人之友」記者となる。自由学園教師との兼務で戦前、戦後にわたり幼児教育などを通して子どもを守る運動、平和運動を推進。昭和27年日本子どもを守る会事務局長として活躍し、36年から会長を務めた。38年全国幼年教育研究協議会が発足、会長となる。著書に「シーボルトの娘たち」「私の受けた家庭教育―羽仁もと子の思出」「青春をどう生きるか」「思春期」「子どものしあわせとは」「幼児教育の発見」「人間として女性として」などのほか「羽仁説子の本」(全5巻 草土文化)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

羽仁 説子 (はに せつこ)

生年月日:1903年4月2日
昭和時代の教育評論家;社会運動家。日本子どもを守る会会長;婦人之友社取締役
1987年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android