コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽仁もと子 はにもとこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羽仁もと子
はにもとこ

[生]1873.9.8. 八戸
[没]1957.4.7. 東京,東久留米
教育家。南部藩士の家に生れる。東京府立第一高等女学校,明治女学校高等科に学び,1899年報知新聞社に入社,日本最初の婦人記者となった。夫羽仁吉一とともに 1903年『家庭之友』 (1908年『婦人之友』と改称) を創刊,「思想しつつ生活しつつ」をモットーに主筆として健筆をふるい,生活改善・生活合理を訴えた。 21年に自由学園を創立し,高等女学校によらない各種学校に甘んじてキリスト教に基づく自由主義教育の立場を堅持した。著書に『羽仁もと子著作集』 (20巻) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はに‐もとこ【羽仁もと子】

[1873~1957]教育家。青森の生まれ。教員を経て報知新聞社に入社し、日本最初の女性記者となる。雑誌「家庭之友」(のちの「婦人之友」)を創刊。大正10年(1921)自由学園を創設し、生活即教育をモットー文部省令によらない女子教育を創始

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

羽仁もと子【はにもとこ】

女子教育家。青森県出身。明治女学校卒。クリスチャン。教員・報知新聞記者(日本最初の婦人記者)等を経て,1903年夫の吉一と《家庭之友》(のち《婦人之友》)を創刊。
→関連項目自由教育

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

羽仁もと子 はに-もとこ

1873-1957 明治-昭和時代の教育者,婦人運動家。
明治6年9月8日生まれ。教育者・羽仁吉一(よしかず)の妻。教育者千葉クラの姉。明治30年報知新聞社にはいり日本初の女性記者となる。36年夫と雑誌「家庭之友」(のち「婦人之友」)を創刊。大正10年自由学園を創立し,自由,自治にもとづく生活教育をすすめた。「羽仁もと子著作集」がある。長女に羽仁説子。昭和32年4月7日死去。83歳。青森県出身。明治女学校卒。旧姓は松岡。
格言など】思想しつつ 生活しつつ 祈りつつ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はにもとこ【羽仁もと子】

1873‐1957(明治6‐昭和32)
女子教育家。青森県の旧八戸藩士の家に生まれる。旧姓松岡。東京府立第一高等女学校(在学中に受洗)と明治女学校に学び,巌本善治の《女学雑誌》を愛読した。郷里で小学校教員をしたのち再度上京,1897年報知新聞社に入社し,婦人記者のさきがけとなった。1901年同僚記者の羽仁吉一と結婚して退職。03年に夫妻共同で生活雑誌《家庭之友》(のち《婦人之友》と改題)を創刊,男中心の家に代わる夫婦による家庭づくりを唱え,中産階級の家庭婦人の啓蒙を目ざした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はにもとこ【羽仁もと子】

1873~1957) 教育家。青森県生まれ。明治女学校卒。主婦の立場から家庭生活の合理化を主張した雑誌「婦人之友」を創刊。また、キリスト教的自由主義に基づく自由学園を創立し、生活中心の女子教育を行なった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羽仁もと子
はにもとこ
(1873―1957)

教育家。明治6年9月8日青森県生まれ。本名は羽仁もと(旧姓松岡)。明治女学校(東京)に学び、郷里での教員生活を経て、報知新聞社に入社、日本初の婦人記者となる。1901年(明治34)羽仁吉一(よしいち)(1880―1955)と結婚。夫妻協力して1903年、雑誌『家庭之友』(1908年『婦人之友』と改題)を創刊、家庭生活の合理化や教育問題などを中心とする啓蒙(けいもう)に努める。その後、「教育問題に対する『婦人之友』の主張は、実際に一つの学校を創設しなくては」と考え、1921年(大正10)自由学園を創設した。この文部省令によらない教育施設において、「真の自由人をつくりだすこと」を目的に、生活に立脚した「活(い)きた」教育の開発と実践が試みられた。キリスト教と自由主義の結合を目ざし、生活の近代化、合理化や教育そして婦人の生き方などについて積極的に発言したその思想は、著作集に収められている。昭和32年4月7日死去。[布施晶子]
『『羽仁もと子著作集』全20巻(1963~1973・婦人之友社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の羽仁もと子の言及

【自由学園】より

…1921年に羽仁もと子が夫の吉一とともに東京都豊島区雑司ガ谷に創設した学園。羽仁は1903年に《家庭之友》(のちに《婦人之友》と改題)を創刊,主宰していたが,日本の家庭生活の近代化は教育をとおしてこそ実現できると信じて学園をつくった。…

【新聞記者】より

…新聞記事を取材,執筆,編集する人。記者は日本の場合,雑誌と異なって,すべて新聞社の正社員か嘱託である。日本では,明治前期,取材にあたるのは〈探訪〉〈出省方〉などと呼ばれ,記者とは区別された。よほどの難事件でないかぎり記者自身は取材せず,探訪が提出したメモや報告を記事にしたり,英字新聞の翻訳,投書の取捨選択,論説の執筆などにあたった。記者は男性に限られ日本で女性記者の第1号となったのは,1897年に報知新聞に入社した松岡(羽仁)もと子である。…

【婦女界】より

…商業的な女性雑誌の草分けとして1910年3月に同文館から創刊された。初期には坪内逍遥や上田万年(かずとし)らが寄稿し,編集協力者としてはのちに《婦人之友》を興す羽仁吉一・もと子夫妻がいた。13年1月からは都河(つかわ)竜が雑誌を譲り受け(婦女界社発行),連載小説を重視,小栗風葉や小山内薫,さらに菊池寛などが作品を寄せ,広く迎えられた。しかし,しだいに《主婦之友》や《婦人俱楽部》におされて生彩を欠くようになった。…

【婦人之友】より

…家計簿奨励,衣食住の合理化,家族関係の民主化など,家庭生活の実際的改良を提唱。羽仁もと子が21年に創立した自由学園と,30年以来の読者組織である〈友の会〉とを両輪とする支持母体をもつ点でも,他の女性雑誌に類例をみない特質を示している。【井上 輝子】。…

※「羽仁もと子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

羽仁もと子の関連キーワード大正新教育運動羽仁 もと子羽仁 吉一秋永 芳郎千葉 クラ羽仁 説子新教育運動永谷 晴子村山 籌子羽仁五郎松岡洋子永谷晴子村山籌子合理化羽仁進女性誌主筆改称健筆

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羽仁もと子の関連情報