コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽倉信郷 はくら のぶさと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

羽倉信郷 はくら-のぶさと

1739-1800 江戸時代中期-後期の国学者,歌人。
元文4年生まれ。京都伏見稲荷(いなり)大社の神職。詩を竜草廬(りゅう-そうろ)に,和歌を小沢蘆庵(ろあん)にまなぶ。中井竹山らとまじわった。寛政12年閏(うるう)4月27日死去。62歳。山城(京都府)出身。本姓は荷田(かだ)。字(あざな)は子晟。号は三峰。編著に「稲荷山十二景記并詩画」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

羽倉信郷の関連キーワード国学者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android