コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽区 うくfeather tract

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羽区
うく
feather tract

羽毛は鳥の体一面に生えているのではなく,皮膚羽毛の生えているところと生えていないところとがある。羽毛のうち正羽の生えている部分を羽区 (または羽域) といい,それ以外の部分を裸区という。羽区は一定のパターンで配列し,頭区,背区,上膊区,翼区,尾区,大腿区,脚区,胸側区,腹区,肛門区などが区別される。また羽区の形や大きさは鳥類の各科によってだいたい一定であり,類縁関係を研究する資料の一つとなる。裸区には正羽は生えず,皮膚が裸出するか,綿羽だけが生えている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羽区
うく
pterylafeather tract

鳥類の体表面のうちで、体羽の生えている部分。ペンギンや、走鳥類などの少数の例外を除くと、鳥類の皮膚には一面に羽毛が生えているわけではなく、羽毛の生えている部分と裸の部分(若干の綿羽は除く)とがある。裸の部分を、羽区に対して裸区apteriumという。羽毛は、羽嚢(うのう)feather follicleで形成されるので、羽区域pterylosisつまり羽区の分布のパターンが羽嚢の分布にしたがって生じる。羽区域は一般に鳥類の種、属によって一定であり、分類に利用される。なお、羽区域について研究する鳥学の分野を羽区学pterylography (pterylology)という。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

羽区の関連キーワードタカ目

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android