コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

走鳥類 そうちょうるいRatitae; ratites

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

走鳥類
そうちょうるい
Ratitae; ratites

ダチョウ目,レア目,ヒクイドリ目,キーウィ目と,絶滅したモア目,エピオルニス目などに属する鳥の総称。これらはキーウィ目の鳥を除き非常に大型で,すべての目(もく)の鳥はが退化して飛ぶことはできず,地上で生活している。翼の退化に伴い大きな飛翔筋を支えていた胸骨の竜骨突起も縮小して痕跡的にしかないため,平胸類とも呼ばれる

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そうちょう‐るい〔ソウテウ‐〕【走鳥類】

飛翔(ひしょう)力がない代わりに走ることの得意な大形の鳥類。ダチョウレアヒクイドリキウイなど。走禽(そうきん)類。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そうちょうるい【走鳥類】

鳥綱ダチョウ目の別称。アフリカ産のダチョウ科,南アメリカ産のレア科,ニューギニアオーストラリア産のヒクイドリ科,オーストラリア産のエミュー科およびニュージーランド産のキウィ科がある。いずれの科も小さく,1~3種からなる。翼は退化して飛べず完全な地上性。脚は長くがんじょうで,趾は多くの鳥が4本あるのに対して2本(ダチョウ科)または3本。【竹下 信雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

そうちょうるい【走鳥類】

飛ぶための翼をもたず、地上で生活する鳥の総称。発達した脚をもち、速く走る。ダチョウ・キウイ・ヒクイドリ・レア・エミューなど。平胸類。走禽そうきん類。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

走鳥類
そうちょうるい
ratites

鳥綱ダチョウ目に属する鳥の総称。走禽(そうきん)類ともいう。ダチョウ、レア、ヒクイドリ、エミュー、モア、エピオルニス、キーウィなどが含まれる。この仲間はすべて地上生で、飛ぶことはできず、キーウィを除いてみな巨大な鳥である。共通の特徴の一つは、胸骨に竜骨突起のないことで、このためかつては平胸(へいきょう)類Ratitaeとよばれていた。しかし、竜骨突起の有無は系統学上それほど重要なことではなく、走鳥類は、竜骨突起のあるシギダチョウ類と比較的類縁が近いとされている。また、走鳥類が飛べないのは、かならずしも原始的なためではなく、地上生活に適応して翼や胸筋が退化したためであると考えられている。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

走鳥類の関連情報