コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽鳥湖 はとりこ

3件 の用語解説(羽鳥湖の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕羽鳥湖(はとりこ)


福島県中南部、阿賀野(あがの)川水系鶴沼(つるぬま)川上流部にある羽鳥ダムによってつくられた人造湖。羽鳥ダムは、1956年(昭和31)に完成した、郡山(こおりやま)盆地南部の矢吹ヶ原(やぶきがはら)の灌漑(かんがい)用ダム(堤高37.1m、堤長169.5m、面積2.0km2、総貯水容量2732.1万m3)。南西岸に湯本(ゆもと)青少年旅行村があり、付近では別荘地開発が進み、キャンプ場・ゴルフ場がある。大川(おおかわ)羽鳥県立自然公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

羽鳥湖

福島県岩瀬郡天栄村の阿賀野川水系鶴沼川にある羽鳥ダムのダム湖。周辺には「羽鳥湖高原レジーナの森」など、さまざまな観光施設が整備されている。2005年、財団法人水源地環境センターによりダム湖百選に選定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羽鳥湖
はとりこ

福島県中南部、岩瀬郡天栄(てんえい)村にある羽鳥ダムの人造湖。会津平(あいづだいら)へ流れる鶴沼(つるぬま)川の上流をせき止めてつくられた農業用水用のもので、水はトンネルで阿武隈(あぶくま)川支流の隈戸(くまど)川に落とされて矢吹(やぶき)ヶ原を灌漑(かんがい)する。羽鳥ダムは1956年(昭和31)完成。堰堤(えんてい)の高さ37.1メートル、長さ169.5メートル。有効貯水量2595万トン。ダムの完成で、開田面積は1608ヘクタールに及ぶ。湖の周辺にはキャンプ場やゴルフ場があり、大川羽鳥県立自然公園の一部となっている。[渡辺四郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羽鳥湖の関連キーワード阿賀川阿賀野川阿賀野市阿賀野阿賀の里鹿瀬[町]阿賀野川河川公園阿賀野川ライン大川(阿賀野川)朝日晴

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

羽鳥湖の関連情報