コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翶之慧鳳 こうし えほう

1件 の用語解説(翶之慧鳳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

翶之慧鳳 こうし-えほう

1414-? 室町時代の僧。
応永21年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都東福寺岐陽方秀(きよう-ほうしゅう)の法をつぐ。永享6年明(みん)(中国)にわたり,帰国後は周防(すおう)(山口県)大内氏の帰依(きえ)をうける。詩文にすぐれていた。号は竹居,幻庵など。著作に「竹居西遊集」「竹居清事」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

翶之慧鳳の関連キーワード汪応祖岩手・宮城内陸地震薗原ダム建内記ジャーミー称光天皇ストロンチウムデリー・サルタナットフッガー[家]安東盛季

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone