コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翶之慧鳳 こうし えほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

翶之慧鳳 こうし-えほう

1414-? 室町時代の僧。
応永21年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都東福寺の岐陽方秀(きよう-ほうしゅう)の法をつぐ。永享6年明(みん)(中国)にわたり,帰国後は周防(すおう)(山口県)大内氏の帰依(きえ)をうける。詩文にすぐれていた。号は竹居,幻庵など。著作に「竹居西遊集」「竹居清事」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

翶之慧鳳の関連キーワード汪応祖ラディスラオ岩手・宮城内陸地震薗原ダムアーヘン大聖堂建内記コンスタンツ公会議ジャーミー二本松城アフマドシャーモスク

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android