翶之慧鳳(読み)こうし えほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

翶之慧鳳 こうし-えほう

1414-? 室町時代の僧。
応永21年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都東福寺の岐陽方秀(きよう-ほうしゅう)の法をつぐ。永享6年明(みん)(中国)にわたり,帰国後は周防(すおう)(山口県)大内氏の帰依(きえ)をうける。詩文にすぐれていた。号は竹居,幻庵など。著作に「竹居西遊集」「竹居清事」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android