老い耄れ(読み)オイボレ

デジタル大辞泉の解説

おい‐ぼれ【老い×耄れ】

《古くは「おいほれ」とも》老いぼれること。また、老いぼれた人。老人が自分を卑下していう場合や、老人をののしっていう場合に用いる。「わたしのような老い耄れにはその仕事は無理です」「この老い耄れの出る幕じゃない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おいぼれ【老い耄れ】

〔古くは「おいほれ」とも〕
年をとってぼけること。また、その人。老人を侮蔑的にいう。また、老人が自らを卑下していうときに用いることもある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android