コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老人性白斑 ろうじんせいはくはんLeukoderma Senilis

家庭医学館の解説

ろうじんせいはくはん【老人性白斑 Leukoderma Senilis】

[どんな病気か]
 からだや手足に直径数mm大の円形に近い白斑が散在するもので、自覚症状はありません。早い人では30歳代からみられますが、50歳代になると約70%の人にみられ、高齢者になるほど数が増えます。
[原因]
 皮膚の老化にともない、メラニン色素をつくる色素細胞の機能が低下し、数も減少します。その結果、表皮(ひょうひ)の細胞にメラニン色素が供給されなくなるためにおこります。
 治療の方法はありませんが、そこから皮膚がんなどの悪性腫瘍(あくせいしゅよう)ができることはなく、放置しても心配ありません。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

老人性白斑の関連キーワード老化にともなう皮膚の病気と症状シミ・いぼ・白斑白斑(皮膚)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android