コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老人性白斑 ろうじんせいはくはん Leukoderma Senilis

1件 の用語解説(老人性白斑の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ろうじんせいはくはん【老人性白斑 Leukoderma Senilis】

[どんな病気か]
 からだや手足に直径数mm大の円形に近い白斑が散在するもので、自覚症状はありません。早い人では30歳代からみられますが、50歳代になると約70%の人にみられ、高齢者になるほど数が増えます。
[原因]
 皮膚の老化にともない、メラニン色素をつくる色素細胞の機能が低下し、数も減少します。その結果、表皮(ひょうひ)の細胞にメラニン色素が供給されなくなるためにおこります。
 治療の方法はありませんが、そこから皮膚がんなどの悪性腫瘍(あくせいしゅよう)ができることはなく、放置しても心配ありません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

老人性白斑の関連キーワード体重戦く肢体手足何心地病身不死身プリマドンナ病は気から閉塞性動脈硬化症

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone