コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老人病院 ろうじんびょういん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

老人病院
ろうじんびょういん

入院患者の 70%以上が 65歳以上で占められる病院 (または病棟) 。 1975年頃から老人の入院が大多数を占める病院を「老人病院」と呼んでいたが,1982年制定の老人保健法に基づく厚生省告示によって制度化された。届け出によって特例許可の老人病院になると,一般病院よりも医師や看護師が少ない数で運営できるようになるが,医療保険などから支払われる診療報酬も少なくなる仕組み。この特例許可を受けないで 70歳以上の老人を常時 60%以上入院させていると,特例許可外老人病院とされ,診療報酬がさらに低くなる。 1990年4月の診療報酬の改定では,特例許可老人病院の場合,介護職員を8対1の配置より手厚く配置した場合,病院の選択により,「入院医療管理料」をとることが認められた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ろうじん‐びょういん〔ラウジンビヤウヰン〕【老人病院】

長期入院が必要な老人を収容する「療養病棟」のある病院。介護保険制度の導入により、平成15年(2003)までに老人病院は廃止され、その役割療養型病院に引きつがれている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろうじんびょういん【老人病院】

老人保健法に基づく、主として慢性疾患の高齢者を対象とする病院。六五歳以上の患者が入院患者の六~七割以上を占めるものをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

老人病院の関連キーワード老化にともなう心の病気ロングフライト血栓症介護保険制度老人保健施設隔離(検疫)慢性疾患丸山 豊高齢者

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

老人病院の関連情報