コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老人病院 ろうじんびょういん

3件 の用語解説(老人病院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

老人病院
ろうじんびょういん

入院患者の 70%以上が 65歳以上で占められる病院 (または病棟) 。 1975年頃から老人の入院が大多数を占める病院を「老人病院」と呼んでいたが,1982年制定の老人保健法に基づく厚生省告示によって制度化された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ろうじん‐びょういん〔ラウジンビヤウヰン〕【老人病院】

長期入院が必要な老人を収容する「療養病棟」のある病院。介護保険制度の導入により、平成15年(2003)までに老人病院は廃止され、その役割は療養型病院に引きつがれている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ろうじんびょういん【老人病院】

老人保健法に基づく、主として慢性疾患の高齢者を対象とする病院。六五歳以上の患者が入院患者の六~七割以上を占めるものをいう。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

老人病院の関連情報