老婆心切(読み)ロウバシンセツ

  • ろうばしんせつ ラウバ‥
  • ろうばしんせつ〔ラウバ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

※正法眼蔵(1231‐53)三十七品菩提分法「喜覚支は、老婆心切血滴滴なり」
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉下「其目的のある所を残る隈なく知らせんとの老婆心切にいでたる事にて」 〔景徳伝燈録‐一二〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

年とった女性が、をこしてあれこれと気を遣うこと。

[使用例] 其目的のある所を残る隈なく知らせんとの老婆心切にいでたる事にて[坪内逍遙*小説神髄|1885~86]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android