老婆心(読み)ロウバシン

  • ろうばしん ラウバ‥
  • ろうばしん〔ラウバ〕

デジタル大辞泉の解説

年とった女性が、度を越してあれこれと気を遣うこと。転じて、必要以上に世話をやこうとする自分の気持ちを、へりくだっていう語。「老婆心から言わせてもらえば」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。老婆が子や孫をいつくしむように、師が弟子をいつくしみ導く親身な心遣い。また、必要以上に世話をやこうとする気持をへりくだっていう語。老婆心切。
※正法眼蔵随聞記(1235‐38)二「若は住持長老にてもあれ、若は師匠知識にてもあれ、不当ならば、慈悲心・老婆心にて能教訓誘引すべき也」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)前「亦是作者の老婆心(ロウバシン)のみ」 〔景徳伝燈録‐二一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

老婆心の関連情報