コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老眼鏡 ロウガンキョウ

2件 の用語解説(老眼鏡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ろうがん‐きょう〔ラウガンキヤウ〕【老眼鏡】

老眼に用いられる凸レンズめがね。シニアグラス。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ろうがんきょう【老眼鏡】

老眼を矯正するための、凸レンズを用いた眼鏡。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の老眼鏡の言及

【眼鏡】より

…以上をひっくるめて遠用眼鏡と呼ぶことがあるが,これは矯正の対象が遠方視にもとづいて行われ,眼鏡の装用も遠方視を基本にするからで,必ずしも遠方視専門の眼鏡という意味ではない。(5)老視 遠用眼鏡に対して近方視専門の眼鏡を近用眼鏡と呼び,俗にいう老眼鏡がそれにあたる。老視は年齢とともに水晶体が硬化し,近業に必要な調節が行えなくなった状態をいう。…

【老眼】より

…これが老眼で,この不足を補うためには3Dの凸レンズが必要となる。 老眼鏡は近くを見るとき使用するものなので,眼科では近用眼鏡と呼んで,近視や遠視を矯正する遠用眼鏡と区別する。老眼鏡が必要となる年齢は,正視の人で42~43歳で,この年齢になると,暗くなると文字が見えにくくなる,距離を遠くしないと見えない,すぐ疲れる,などの症状が出てくる。…

※「老眼鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

老眼鏡の関連キーワード凸レンズプリズム眼鏡黒眼鏡ジオプトリー平凸レンズ両凸レンズ視野レンズ対眼レンズとんぼのめがね進歩するめがねとコンタクトレンズ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

老眼鏡の関連情報