色眼鏡(読み)イロメガネ

デジタル大辞泉の解説

着色したレンズをはめた眼鏡。サングラスなど。
偏った物の見方。先入観にとらわれた物の見方。「色眼鏡を見る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

色つきのガラス・プラスチックなどのレンズをはめた眼鏡。
(比喩的に)先入観をもってものを見ること。 -で人を見る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 着色レンズまたは着色ガラスをはめた眼鏡。サングラスなど。
※日本風景論(1894)〈志賀重昂〉四「色眼鏡を携帯せざる際は」
② (「色眼鏡をかけて見る」「色眼鏡で見る」などの形で、比喩的に用いて) かたよった物の見方。先入観にとらわれた物の見方。偏見。
※近来流行の政治小説を評す(1887)〈徳富蘇峰〉「自家の色眼鏡を以て、漫に政治の真相を見る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

親指シフト

富士通が開発した独自のカナ文字配列とシフト方式を採用したキーボード。1980年に発売されたワープロ専用機、OASYSとともに登場した。日本語の高速入力が可能で、熱烈なファンをもつ。Macintosh用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

色眼鏡の関連情報