耐震(読み)たいしん

知恵蔵「耐震」の解説

耐震

震は、文字通り地震の揺れに耐えられるよう構造等を補強したもの。免震は、土台建物の間にダンパー(緩衝器)となる装置を設置して地震の揺れを減免するもの。制震も、地震の揺れを制御するための装置を設置したもの。多数の人が利用する一定規模以上の建物(特定建築物)については、建築物の耐震改修の促進に関する法律(耐震改修促進法)が制定され、耐震診断耐震改修促進されている。住宅の地震対策のため、こうした対策がマンション等に採用されるケースが多くなっており、地震対策が商品化された戸建て住宅も登場してきている。

(平井允 まちづくりプランナー / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

精選版 日本国語大辞典「耐震」の解説

たい‐しん【耐震】

〘名〙 建築物などが、かなり強度の地震にも耐えて損傷しないこと。
風俗画報‐二四六号(1902)芝浦製作所「東京電燈会社用耐震鉄製煙突」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「耐震」の解説

たい‐しん【耐震】

建物などがかなり強度の地震に耐え、壊れたり傷んだりしないこと。「耐震性」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android