コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐震 たいしん

知恵蔵の解説

耐震

耐震は、文字通り地震の揺れに耐えられるよう構造等を補強したもの。免震は、土台と建物の間にダンパー(緩衝器)となる装置を設置して地震の揺れを減免するもの。制震も、地震の揺れを制御するための装置を設置したもの。多数の人が利用する一定規模以上の建物(特定建築物)については、建築物の耐震改修の促進に関する法律(耐震改修促進法)が制定され、耐震診断や耐震改修が促進されている。住宅の地震対策のため、こうした対策がマンション等に採用されるケースが多くなっており、地震対策が商品化された戸建て住宅も登場してきている。

(平井允 まちづくりプランナー / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たい‐しん【耐震】

建物などがかなり強度の地震に耐え、壊れたり傷んだりしないこと。「耐震性」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

リフォーム用語集の解説

耐震

築構造物や土木構造物が地震に対して破壊や損傷しないようにすること。制震や免震と区別して、主要な構造体そのものの強度や靭性を向上させることで破壊や損傷を防ぐことをいう。

出典|リフォーム ホームプロリフォーム用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

たいしん【耐震】

地震に耐えられること。地震に強いこと。構造物・建築物などの性能にいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

耐震の関連情報