コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耳なし芳一 みみなし ほういち

1件 の用語解説(耳なし芳一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

耳なし芳一 みみなし-ほういち

小泉八雲の「怪談」の登場人物
長門(ながと)赤間関の盲目の琵琶(びわ)法師。平家の怨霊(おんりょう)にまねかれ,夜ごと安徳天皇陵の前で壇ノ浦の戦いをひきがたる。これを知った和尚に怨霊から身をかくすため全身に経文をかいてもらうが,かきわすれられた両耳はひきちぎられた。天明2年刊「臥遊奇談」巻2の「琵琶曲泣幽霊」が出典とされる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の耳なし芳一の言及

【耳】より

… 耳にだけ般若心経の経文を書き忘れられた琵琶法師芳一は,平家の亡霊に両耳を持ち去られた。いわゆる〈耳なし芳一〉の話がこれである。また,源頼義が前九年・後三年の役で死亡した者の片耳を切り取って皮籠に入れ,埋めた上に耳納堂を建立したというが(《古事談》),文禄の役ののち,首級の代りに持ち帰った耳を葬ったという方広寺門前の耳塚なども,よく知られる。…

※「耳なし芳一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

耳なし芳一の関連キーワード桐壺の帝八雲の道小泉一雄小泉清小泉節子田部隆次ヘルン三成重敬ラフカディオ=ハーン《作者を捜す6人の登場人物》

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

耳なし芳一の関連情報