コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耳標 じひょう

4件 の用語解説(耳標の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耳標
じひょう

家畜の耳につけられる個体識別のための標識。毛色などで個体を区別できない羊ややぎ,豚,うさぎなどに用いる。耳に切り目をつける截耳 (せつじ) や入墨が古来行われていたが,現在はアルミニウムなどの標識をつける耳環法が一般に行われ,記号,数字によって厳密に識別されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じひょう【耳標 ear mark】

家畜の個体識別を容易に行うために耳に装着する標識。アルミニウムでできた環に番号が刻印してあって,これを耳たぶの中央に穴をあけてはめこむタイプのものと,着色された合成樹脂製のものを耳たぶの外縁部に穴をあけて装着するタイプのものとある。ブタ,メンヨウ,ヤギなどの中家畜で多く使われ,ウシでも育成牛などにつけることがある。【正田 陽一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

耳標の関連情報