コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖ニコラ大聖堂 せいニコラだいせいどう

1件 の用語解説(聖ニコラ大聖堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

せいニコラだいせいどう【聖ニコラ大聖堂】

スイス西部、首都ベルン南西約30kmのフリブール(Fribourg、ドイツ語読みではフライブルク、Freiburg)にあるゴシック様式の聖堂。この町のシンボルになっている。フリブール駅から約1.8km、サリーヌ川沿いに建つ。フリブールは中世以来のキリスト教の重要な巡礼地の一つで、毎年12月に行われるサンタクロースの祭、サンニコラ祭(聖ニコラス祭、Fete de St.Nicolas)で知られる町だが、この祭のパレードの終点がこの大聖堂である。螺旋(らせん)階段を使って高さ76mの塔に登ることができ、市街を一望できる。内部には、アロイ・モーゼル(Alois Mooser)製作のパイプオルガンや、ポーランド人のユーゼフ・メホフェル(Joseph Mehoffer)が制作したステンドグラスがある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖ニコラ大聖堂の関連キーワードベルンベルナーオーバーラントエメンタール瑞西グシュタードシルトホルンブスアルプカメラータ・ベルンベルン交響楽団ツィーベレメリット

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone