コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖マルティン祭 せいマルティンさいMartinmas

翻訳|Martinmas

世界大百科事典 第2版の解説

せいマルティンさい【聖マルティン祭 Martinmas】

キリスト教の聖人マルティヌスを記念するローマ・カトリック教会の祝日。11月11日。マルティヌスはガリアに最初の修道院を建て,やがてトゥールの司教となったが,修道生活を捨てず,多くの弟子を育て,布教に貢献した。彼がローマの軍人としてアミアンの軍隊にいたころ,厳冬のある日,裸同然の乞食に自分のマントの半分を切って与えたところ,次の夜,キリストがこの半分のマントを着て夢に現れたという逸話から,この光景によってマルティヌスを描く場合が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の聖マルティン祭の言及

【宴会】より

…ケルト人のsamhain(〈夏の終り〉。今日では聖マルティン祭),北欧のhaustbóð(〈秋の宴・収穫の宴〉)は,いずれも家畜の放飼いが終わる時期に行われ,このとき,備蓄された冬の飼料ではまかないきれない家畜は屠殺される。屠殺は供犠の式を伴い,肉の大部分は乾燥,塩漬,燻製によって保存食となるが,一部は新鮮なうちに盛大に宴に供せられる。…

【農事暦】より

…これらの穀物はこの時期に播種されるため冬穀と呼ばれる。10月末,遅くも聖マルティン祭(11月11日)までに冬穀の播種を終え,畑の周囲に放牧中の家畜の侵入を防ぐ垣を作る。冬穀播種のあと,翌年の春穀畑を犂耕する。…

※「聖マルティン祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android