聖ヤン大聖堂(読み)セイヤンダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

せいヤン‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【聖ヤン大聖堂】

Bazylika archikatedralna świetego Jana Chrzciciela》ポーランドの首都ワルシャワ旧市街にある大聖堂。14世紀の創建。ワルシャワ最古の教会の一。19世紀に英国風ネオゴシック様式の建物に改築された。第二次大戦中、ナチス‐ドイツに破壊されたが、戦後、創建当初の姿を描いた絵などに基づいてゴシック様式の外観に復元された。歴代ポーランド王の戴冠式や同国最初の憲法の発布式が行われたことで知られる。1980年、「ワルシャワ歴史地区」として世界遺産(文化遺産)に登録。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android