聖ヤーニャ教会(読み)セイヤーニャキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

せいヤーニャ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【聖ヤーニャ教会】

Svētā Jāņa baznīca
ラトビアの首都リガの旧市街にある教会。13世紀にドミニコ会修道院として創設され、16世紀に再建されてゴシック様式のルーテル派教会になった。教会を災いから守るため、二人の修道僧が自ら教会の壁の中に幽閉されたという逸話があり、19世紀半ばに遺体が発見された。現在、その場所の外壁には十字型の穴が開けられている。聖ヨハネ教会
ラトビアの、ビゼメ地方の町ツェーシスにある教会。13世紀にゴシック様式で建造。リボニア騎士団長プレッテンベルクをはじめ、騎士団の要人の多くが埋葬されている。聖ヨハネ教会。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android