聖ヨハネ修道院(読み)セイヨハネシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

せいヨハネ‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【聖ヨハネ修道院】

Moni Agiou Ioannou tou TheologouΜονή Αγίου Ιωάννου του Θεολόγου》ギリシャ東部、エーゲ海のパトモス島にある修道院。紀元1世紀末に聖ヨハネが同島に流刑にされ、この地で黙示録を書いたとされ、11世紀に聖ヨハネを記念して修道院が創設された。東方正教会の巡礼地の一つ。1999年に「パトモス島の神学者聖ヨハネ修道院と黙示録の洞窟の歴史地区(コーラ)」として世界遺産(文化遺産)に登録された。
Kloster Sankt Johann》⇒ザンクトヨハン修道院

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

せいヨハネしゅうどういん【聖ヨハネ修道院】

ギリシアのドデカニス諸島のパトモス島、ホーラ市街近くの丘の上に建つ修道院。クリストドロスによって、1088年に聖ヨハネを記念して建てられた。ホーラはこの修道院を守るために建設された城塞都市で、現在でもギリシア正教の主要な巡礼地となっている。この修道院は、塔と銃眼付きの胸壁を持ち、大きな多角形型の城のような外観をしている。世界遺産に登録されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android