コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖天供 ショウデング

デジタル大辞泉の解説

しょうでん‐ぐ〔シヤウデン‐〕【聖天供】

聖天を本尊として、除災・富貴を祈る修法歓喜天供(かんぎてんぐ)。しょうてんくう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうてんぐ【聖天供】

聖天を供養して、息災・招善・調伏を祈る法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の聖天供の言及

【聖天】より

…この像から夫婦和合をはじめ子授けの霊験が説かれている。聖天に立願する者は,秘かに聖天供(しようでんぐ)を実修する。これは密教の秘法の一つで,本尊に,酒,大根,歓喜団(米粉をのばし,中へ小豆粉や串柿などを入れ包んだ菓子)を供える。…

※「聖天供」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

聖天供の関連キーワード調伏聖天

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android